ごあいさつ

Greetings

2021年4月5日
長命ケ丘連合町内会
会  長  伊藤 勝行

長命ケ丘団地が生まれて40年余りの年月が経ちました。
その間、夏祭りをはじめいろいろな催し物で一体感を高めてまいりました。又、構成する住民の平均年齢も若くて元気がありましたが、2000年頃をピークに今やその元気も下降線の途中にあります。
このままで行くと少子高齢化の波を受けて段々と縮小していく事になります。
そこで長命ヶ丘を持続可能な地域とするために新たな町づくりをする必要があります。
今回の町づくりをする目的は、長命ヶ丘を“老いも若きも輪になって”のスローガンの基、次の五つの町づくりを目指すことにあります。



それらを実現するために以下の事業が動き出しています。                                    
  ・インフラ整備
           愛の鐘通り及びバス通りの樹木伐採と歩道整備
           健康スポーツ公園(6丁目北公園の改造)
  ・安全のための防災無線と監視カメラ設置
  ・5丁目長命ケ丘プラザ構想の実現
  ・遊歩道を活かした散歩運動の推進
  ・小学校放課後子ども教室の開校
              ロングライフ未来塾
地域をリニューアルして活性化を図るのです。
 
新たな町づくりを行うには根気よく進める事が大切であり、その活動が自然と町の付加価値を高めていきます。
皆様のご理解とご協力の程をよろしくお願いいたします